TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 松林図屏風(しょうりんずびょうぶ) 

松林図屏風(しょうりんずびょうぶ) 

  
6曲1双
紙本墨画
長谷川等伯筆(はせがわとうはくひつ)
各縦156.8 横356.0
安土桃山時代
16世紀
国宝
A10471
 
草稿ともいわれるが,靄に包まれて見え隠れする松林のなにげない風情を,粗速の筆で大胆に描きながら,観る者にとって禅の境地とも,わびの境地とも受けとれる閑静で奥深い表現をなし得た。等伯(1539-1610)の画技には測り知れないものがある。彼が私淑した南宋時代の画僧牧谿の,自然に忠実たろうとする態度が,日本において反映された希有の例であり,近世水墨画の最高傑作とされる所以である。