TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 絵画
 >> 観楓図屏風(かんぷうずびょうぶ) 

観楓図屏風(かんぷうずびょうぶ) 

  
6曲1隻
紙本着色
狩野秀頼筆(かのうひでよりひつ)
縦150.2 横365.5
室町~安土桃山時代
16世紀
国宝
A10470
展示予定は未定です
 
洛北・高雄は古来,紅葉の名所として名高い。清滝川のほとりで思い思いに紅葉狩を楽しむ人々の姿が描かれる。遠く雲間に神護寺の伽藍や,雪の愛宕社も望まれる。春夏を描いた他の1隻とともに四季の名所絵であったと思われる。画中の印から,狩野元信の次男,「秀頼」の筆とされるが,孫の「秀頼」とする説もある。