特別展

フランス人間国宝展

フランス人間国宝は、日本のいわゆる人間国宝にならい、伝統工芸の保存・伝承・革新を旨として、フランス文化・通信省により1994年に創設されました。本展は、陶器、ガラス、革、鼈甲、羽細工、傘、扇、壁紙など15分野・各1名の作家を紹介する世界初の展覧会です。

特別展

興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」

本展は、運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集めて、その生涯の事績を通覧します。さらに運慶の父・康慶、実子・湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の樹立から次代の継承までをたどります。

イベント

博物館でアジアの旅「マジカル・アジア」

博物館でアジアの旅、今年のテーマは「マジカル・アジア」。アジア各地の吉祥、魔除け、呪いなど、目に見えない不思議なパワーにまつわる作品を紹介します。研究員によるスペシャルツアーやナイトミュージアムなど、イベントも充実! この秋はマジカルの館、東洋館でお楽しみください。

特集

チベットの仏像と密教の世界

仏教の最終形態であるチベット仏教では、見るものを圧倒する特異な姿の仏像が信仰を集めました。より強力な仏を求めて生み出された聖なる形と、その信仰世界にご注目ください。

特集

運慶の後継者たち―康円と善派を中心に

本特集では、康円康円および善円の作品を中心に、運慶以後の鎌倉彫刻の展開について紹介します。特別展とあわせてご覧いただければ幸いです

イベント

秋の庭園開放

本館北側の庭園を散策いただけます。
池に遊ぶ鴨や鶺鴒など野鳥のおとずれも楽しい季節です。黄色く燃え立つ銀杏、池の水面に鮮やかに映る楓など、秋のトーハクの景色をゆっくりお楽しみください。

特別展

フランス人間国宝展

特別展

興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」

イベント

博物館でアジアの旅「マジカル・アジア」

特集

チベットの仏像と密教の世界

特集

運慶の後継者たち―康円と善派を中心に

イベント

秋の庭園開放

特別展
フランス人間国宝展

フランス人間国宝展

表慶館 2017年9月12日(火)~2017年11月26日(日)

フランス人間国宝は、日本のいわゆる人間国宝にならい、伝統工芸の保存・伝承・革新を旨として、フランス文化・通信省により1994年に創設されました。本展は、陶器、ガラス、革、鼈甲、羽細工、傘、扇、壁紙など15分野・各1名の作家を紹介する世界初の展覧会です。

特別展
興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」

予告興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」

平成館 2017年9月26日(火)~2017年11月26日(日)

本展は、運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集めて、その生涯の事績を通覧します。さらに運慶の父・康慶、実子・湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の樹立から次代の継承までをたどります。

イベント
イベント
博物館でアジアの旅「マジカル・アジア」

博物館でアジアの旅「マジカル・アジア」

東洋館 2017年9月5日(火)~2017年10月15日(日)

博物館でアジアの旅、今年のテーマは「マジカル・アジア」。アジア各地の吉祥、魔除け、呪いなど、目に見えない不思議なパワーにまつわる作品を紹介します。研究員によるスペシャルツアーやナイトミュージアムなど、イベントも充実! この秋はマジカルの館、東洋館でお楽しみください。

特集
特集
チベットの仏像と密教の世界

チベットの仏像と密教の世界

東洋館12室 2017年9月5日(火)~2017年10月15日(日)

仏教の最終形態であるチベット仏教では、見るものを圧倒する特異な姿の仏像が信仰を集めました。より強力な仏を求めて生み出された聖なる形と、その信仰世界にご注目ください。

特集
特集
運慶の後継者たち―康円と善派を中心に

運慶の後継者たち―康円と善派を中心に

本館14室 2017年8月29日(火)~2017年12月3日(日)

本特集では、康円康円および善円の作品を中心に、運慶以後の鎌倉彫刻の展開について紹介します。特別展とあわせてご覧いただければ幸いです

イベント
イベント
秋の庭園開放

予告秋の庭園開放

庭園 2017年10月24日(火)~2017年12月3日(日)

本館北側の庭園を散策いただけます。
池に遊ぶ鴨や鶺鴒など野鳥のおとずれも楽しい季節です。黄色く燃え立つ銀杏、池の水面に鮮やかに映る楓など、秋のトーハクの景色をゆっくりお楽しみください。

通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館

ブログ最新記事

フランス人間国宝展 リナさんインタビュー

やっと開幕した。。。というのが、正直な感想の 「フランス人間国宝展」...

特集 唐三彩

たっぷりと大きく、堂々とした姿。 それでいて洗練された雰囲気をも漂わせる「唐三彩」。 重要文化財  ...

チベットの仏像と密教の世界

彫刻担当の西木です。 突然ですが、みなさん「チベット」と聞いたら何が思い浮かびますか?...

少し怖いけど見てみたい? マジカルな作品 ベスト12

博物館でアジアの旅(マジカル・アジア)」(2017年9月5日(火)~10月15日(日))で展示している、吉祥、魔除け、呪いなどの不思議なパワーを持つ作品。ネガティブな意味を持つ作品もありますが、どれも人々の願いが込められています。あなたが見てみたい作品はどれですか?

 

エントリー作品

1.  パシェリエンプタハのミイラ
  エジプト、テーベ出土 第3中間期(第22王朝)・前945~前730年頃 エジプト考古庁寄贈(東洋館3室 ~2017年10月22日)
2.  ベス立像
  エジプト 末期王朝時代・前664年~前332年頃(東洋館3室 ~2017年10月22日)
3.  共命鳥像
  中国・ヨートカン 5世紀 大谷探検隊将来品(東洋館3室 ~2017年10月15日)
4.  「眼の偶像」
  シリア、テル・ブラク出土 後期銅石器時代(3期)・前3800~前3600年頃 古澤静子氏寄贈(東洋館3室 ~2017年10月15日)
5.  熨斗
  中国 後漢時代・1~3世紀(東洋館5室 ~2018年2月4日)
6.  三彩鎮墓獣
  中国 唐時代・7~8世紀 横河民輔氏寄贈(東洋館5室 ~2018年2月4日(日))
7.  鉄拐図軸(寒山拾得蝦蟇鉄拐図軸のうち)
  伝劉俊筆 中国 明時代・16世紀(東洋館8室 ~2017年10月15日)
8.  重要美術品 獣文飾板
  伝韓国慶州出土 初期鉄器~原三国時代・前3~前1世紀 小倉コレクション保存会寄贈(東洋館10室 ~2017年10月15日)
9.  ヴァジュラバイラヴァ父母仏立像
  中国 清時代・17~18世紀 東ふさ子氏寄贈(東洋館12室 ~2017年10月15日(日))
10.  銭剣
  中国 清時代・19世紀 農商務省北海道事業管理局寄贈(東洋館13室 ~2017年10月15日(日))
11.  肖像頭蓋骨
  パプアニューギニア 19~20世紀 N.G.マンロー氏寄贈(東洋館13室 ~2017年10月15日(日))
12.  呪咀人形
  東京上野公園発見 明治10年(1877)(東洋館13室 ~2017年10月15日(日))

 

※画像をクリックすると拡大表示されます。

12. 樹に打ちつけられていた強い念
11. 頭蓋骨に霊魂が宿る
10. 妖怪キョンシーを退治
NHK World
Google Arts & Culture

東京国立博物館

●住所

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
JR上野駅公園口より徒歩10分
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

●観覧料

一般620(520)円,大学生410(310)円
※()内は20名以上の団体料金です。