特別展

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

御室桜で知られる仁和寺。創建時の本尊と考えられる阿弥陀如来像(国宝)は、当時もっともすぐれた工房の作品です。本展覧会では、仁和寺の寺宝のほか、仁和寺を総本山とする御室派寺院が所蔵する名宝の数々を一堂に紹介します。

特別展

アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

古代より交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島。本展では、その躍動的な歴史と文化を示すサウジアラビア王国の至宝を日本で初めて公開します。約400点の貴重な文化財をとおして、アラビア半島の知られざる歴史をお楽しみください。

イベント

博物館に初もうで

毎年恒例の「博物館に初もうで」。干支の戌にちなんだ特集や国宝「古今和歌集(元永本) 下帖」や重要文化財「鳥獣戯画断簡」をはじめとする名品の新春特別公開、また吉祥をテーマにした作品など、お正月らしい作品の数々で皆さまをお迎えします。

特集

刀剣鑑賞の歴史

刀剣の鑑賞は、「姿」、刀身表面にあらわれる「地鉄」、そして焼刃の模様である「刃文」などを見どころにしています。ここでは作者の銘が残る刀剣と、同一作者の無銘の作品を展示し、刀剣がどのような視点から鑑賞されてきたかを辿ります。

特集

親指のマリアとキリシタン遺品

イタリア人宣教師シドッチゆかりの聖母像(親指のマリア)や彼への尋問をまとめた新井白石「西洋紀聞」、国立科学博物館製作の「シドッチ復顔」を中心に、聖母子や聖人を表した当館所蔵のキリスト教美術を展示します。

特別展

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

特別展

アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

イベント

博物館に初もうで

特集

刀剣鑑賞の歴史

特集

親指のマリアとキリシタン遺品

特別展
特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

予告特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

平成館 2018年1月16日(火)~2018年3月11日(日)

御室桜で知られる仁和寺。創建時の本尊と考えられる阿弥陀如来像(国宝)は、当時もっともすぐれた工房の作品です。本展覧会では、仁和寺の寺宝のほか、仁和寺を総本山とする御室派寺院が所蔵する名宝の数々を一堂に紹介します。

特別展
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

予告アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

表慶館 2018年1月23日(火)~2018年3月18日(日)

古代より交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島。本展では、その躍動的な歴史と文化を示すサウジアラビア王国の至宝を日本で初めて公開します。約400点の貴重な文化財をとおして、アラビア半島の知られざる歴史をお楽しみください。

イベント
イベント
博物館に初もうで

予告博物館に初もうで

2018年1月2日(火)~2018年1月28日(日)

毎年恒例の「博物館に初もうで」。干支の戌にちなんだ特集や国宝「古今和歌集(元永本) 下帖」や重要文化財「鳥獣戯画断簡」をはじめとする名品の新春特別公開、また吉祥をテーマにした作品など、お正月らしい作品の数々で皆さまをお迎えします。

特集
特集
 刀剣鑑賞の歴史

刀剣鑑賞の歴史

本館 14室 2017年12月5日(火)~2018年2月25日(日)

刀剣の鑑賞は、「姿」、刀身表面にあらわれる「地鉄」、そして焼刃の模様である「刃文」などを見どころにしています。ここでは作者の銘が残る刀剣と、同一作者の無銘の作品を展示し、刀剣がどのような視点から鑑賞されてきたかを辿ります。

特集
特集
 親指のマリアとキリシタン遺品

親指のマリアとキリシタン遺品

本館 特別2室 2017年12月5日(火)~2017年12月25日(月)

イタリア人宣教師シドッチゆかりの聖母像(親指のマリア)や彼への尋問をまとめた新井白石「西洋紀聞」、国立科学博物館製作の「シドッチ復顔」を中心に、聖母子や聖人を表した当館所蔵のキリスト教美術を展示します。

通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館

ブログ最新記事

特集「やきもの、茶湯道具の伝来ものがたり」

こんにちは。研究員の横山です。 今日は、ずっと温めていた特集のご紹介です。 いつも、展示室でご覧いただいている作品たち。...

感謝っ・・・! 東博的感謝っ・・・! 「トーハク感謝DAY」!

さて、クリスマスまであと10日となりました。今年のご予定はお決まりですか?...

東博ボランティアデー完全レポート

こんにちは。ボランティア室の神辺です。...

あなたの好きな刀剣はどれですか?

特集「刀剣鑑賞の歴史」(2017年12月5日(火)~2月25日(日))に展示されている数々の刀剣。あなたのお気に入りはどれですか? (※投票期間:2017年12月5日(火)~2017年12月25日(月))

(特集「刀剣鑑賞の歴史」はこちら

 

エントリー作品

1.  太刀(銘 正恒) 古備前正恒 平安時代・12世紀
2.  刀(無銘) 伝古備前正恒 平安時代・12世紀 川田龍吉氏寄贈
3.  重要文化財 短刀(銘 左安吉) 左安吉(名物 一柳安吉) 南北朝時代・14世紀 渡邊誠一郎氏寄贈
4.  刀(無銘) 左安吉 南北朝時代・14世紀
5.  重要文化財 太刀(銘 光忠) 長船光忠 鎌倉時代・13世紀
6.  重要文化財 刀(金象嵌銘 本阿(花押) 光忠) 長船光忠 鎌倉時代・13世紀
7.  国宝 短刀(銘 行光) 相州行光 鎌倉時代・14世紀
8.  短刀(無銘) 伝相州行光 鎌倉時代・14世紀
9.  刀(金象嵌銘 本阿(花押) 左) 伝筑州左 南北朝時代・14世紀[展示期間:~2018年1月28日]
10.  国宝 刀(無銘 亀甲紋) 相州貞宗(名物 亀甲貞宗) 鎌倉~南北朝時代・14世紀 渡邊誠一郎氏寄贈[展示期間:2018年1月30日~]
11.  国宝 刀(無銘) 相州正宗(名物 観世正宗) 鎌倉時代・14世紀
12.  国宝 刀(金象嵌銘 城和泉守所持 正宗磨上 本阿(花押)) 相州正宗 鎌倉時代・14世紀

 

※画像をクリックすると拡大表示されます。

10. 国宝 刀(無銘 亀甲紋)
5. 重要文化財 太刀(銘 光忠)
12. 国宝 刀(金象嵌銘 城和泉守所持 正宗磨上 本阿(花押))
NHK World
Google Arts & Culture

東京国立博物館

●住所

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
JR上野駅公園口より徒歩10分
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

●観覧料

一般620(520)円,大学生410(310)円
※()内は20名以上の団体料金です。